日本で生存するために最低限必要な金額は96万円

経済的自由への道

今の日本で人が一人生きるためにお金がいくら掛かるか、考えたことありますか。

 

東京で貧乏学生をしていると、

ふと「ただ生きるためだったら月いくら掛かるんだろう?」

と思うことが多々あります。

これが明確になれば、人生の一つの指針として機能すると思いますし、何よりも万が一リスクをとって生きることになった場合の心の支えになります。

 

もっとも、最低限の基準は環境によって異なります。サバイバル能力の強い人ならばホームレスとして暮らして月1万円以下でも生きていけるかもしれません。

しかし、今回はこうしたケースは除外し、「ヒトとして最低限度の生活を送るためには月いくらかかるか」を考察していきたいと思います。

具体的には、「衣食住が揃っており、ネット環境もあり、なおかつ国民健康保険に加入している状態」がこれに当たるかなと思います。

また、国民年金は一旦除外します。今を生きるための算出に年金を入れるのはどうもしっくりこないからです。

必要不可欠な出費の算出

必要な出費はざっとカテゴリー分けすると以下のようになると思います。

月の生活費一覧
・住居費

・食費

・通信費・光熱費

・服などの日用品

・国民健康保険

 

まずは住居費です。

住居の許容範囲は本当に人によって違うと思いますが、風呂・トイレ・キッチン付きで5畳以上のワンルームがあるというのが個人的には最低限かなと思います。

自分が上京した時に探した経験に基づくと、ユニットバスや築年数の古い住居の場合なら3万5000円程度でも以上の条件は満たしている物件が多々ありました。

ですからここでは住居費の最低限は月3万5000円とします。

 

次に食費です。外食ならば最安値でも500円くらいかかりますが、自炊ならば一食300円もあれば十分です。

昼は外食夜は自炊くらいのある程度余裕を持たせて一日800円としましょう。

すると、月2万4000円です。

一人暮らしの経験から言うと、24000円あれば飢える心配はまずありません。

 

通信費・光熱費は、全部合わせて月13000円とします。

最近は格安simもありますし、東京都在住であれば可能な水準であると思います。

 

最後に日用品です。

これは月3000円もあれば十分だと思います。

 

まとめると、

住居費 35000円
食費 24000円
通信・光熱費 13000円
日用品 3000円
トータル 7万5000円

どう感じますか。

つまり、年間90万で生活はできることとなります。これは思ったよりも安いかなと思います。

ただし、日本で暮らす以上ここに国民健康保険が入ります。国民健康保険は収入によって変動しますが、年間100万程度の収入であれば月額6000円程度であると思います。

 

国民健康保険を加味したトータルの額は、月々8万円、年間96万円です。

年利8%の資産運用だと1200万円必要

この額を労働ではなく資産からの配当利子所得で賄えれば、日本で労働を義務を負わずとも「生存」していくことができます。

株式からのリターンは多く見積もっても年利10%が現実的なラインだと思います。ここに譲渡益課税が約20%かかりますので、年利8%で計算してみます。

96÷0.08=1200

つまり、1200万円の資産があれば最低でも何もせずに生存は可能だということです。

年100万円の貯蓄ならば、単純計算で12年。年200万なら6年で達成可能な水準です。

意外と厳しくはないというか、自由の値段としては安いのかなと思います。

まとめ:自分の最低ラインを把握しておく必要性

僕の許容度と東京での大体の相場を照らし合わせると、月8万が僕の生活最低ラインだということが分かりました。

自分と同じような感性の方は大体この数字だと覚えておくといいかもしれません。

 

何らかの手段で毎月8万円もらえるとしたら、自分は全ての時間を趣味や余暇に費やすことができます。

生活の為の仕事と、趣味としての仕事(趣味の為の仕事)では身の入り方も違うでしょうから幸福度も上がるような気がします。

もし、すでに毎月8万円の不労所得がある方はセミリタイアの指標となるでしょう。

ただし、家族がいる場合はこの限りではありません。この辺りが難しいところですね。

 

また、万が一に備えてする貯金も独り身であれば、96万あれば一年は無収入でも生きていけるという事になりますね。

このように最低ラインを知ることで新しい考え方も見えてきますし、人生設計において有意義な指標となります。

 

 

今回は以上です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク