2019年6月の株式ポートフォリオ

株式投資

以下が僕のポートフォリオです。

 

前回から新たに2銘柄が追加されました。

米国株

・[GE]ゼネラル・エレクトリック

・[BTI]ブリティッシュ・アメリカン・タバコ

・[NGG]ナショナル・グリッド

 

日本株

・ワッツ

・オリックス

・ユニゾホールディングス

 

計6銘柄です。

株式投資を始めて一年ちょっとが経ちますが、少しづつ銘柄が増えてきたかなと思います。

最近は米国株がそこまで落ち込んでいないので、日本株を集めています。

狙っていたオリックスを比較的安いところで購入できたのが良かったです。

新規銘柄の紹介

今後記事として描くとは思いますが、新規銘柄をここで軽く紹介していきます。

今回の取得銘柄のポイントは東京に土地を持っている銘柄だという事です。

東京オリンピックに向けてもうしばらく東京の地価は上昇するのではないかと考えていて、不動産系の銘柄が安く買えるタイミングを図っていました。

 

まず、オリックスはリース系大手です。しかし、事業内容は不動産以外にも「金融業」「カーシェア」など事業は多岐にわたり海外にも積極的に進出しています。業績も現状では悪くないですし、成長がまだまだ見込めると判断し購入に至りました。

また、株主優待も5000円相当のカタログギフトがもらえてかなり美味しいのでお気に入りの銘柄です。

 

続いてユニゾホールディングスです。

こちらは主にホテル事業をメインとする不動産系の会社です。東京に土地を所有している点と、ものすごい勢いで物件を買っているアグレッシブな姿勢が面白くて投資しました。

この野蛮な経営方針のおかげで株価が割安だったのも購入のポイントです。

株主優待はユニゾが運営するホテルの割引券とやや使い勝手は悪いですが、3年以上の保有で無料の宿泊券をもらうことができるので、そうなれば国内旅行などで活躍する日もあるかもしれません。

何のために株式投資をするのか

株式投資をする上で、重要なのは「目的」を明確にすることです。

 

短期間でお金持ちになりたいなら、レバレッジを掛けるのが正解になりえるし、

優待品で生活したいならば、桐谷さんのように優待銘柄を狙っていくのが正解になるでしょう。

 

僕の場合は、「株式で最低限の収入を確保し、生活のストレスを豊かにする」ことが目的です。

ですから、株価の上下でストレスを感じにくいインカムゲインを重視した投資方法を心がけています。

銘柄選定で失敗して落ち込みたくないので、自分の好きな銘柄やビジネスモデルに勝機がありそうなものを選んでいます。

 

また、優待銘柄は長期投資のストレスを下げてくれるのでそういった意味では気に入って投資しています。

現状の日本株3銘柄は全て優待があるので値下がり時のストレスが少なく楽しんで投資できています。

今後買っていきたい銘柄

今年も年36万円を目標に株式を取得していくつもりです。

日本株も少しづつ下がってきて、買いたい銘柄が増えてきました。

日本株では、日本管財とJTを狙っています。

また、米国株ではアップルの株価が下がってきたので、狙っていきたいです。

 

毎年、少しづつ増やしてまずは年間の配当収入10万円を目指していきたいと思います。

株式投資のブログを見ていると入金力が桁違いの方々がたくさんいますが、人は人、自分は自分ですから焦らず少しづつ豊かにしていきたいと思います。

 

今回は以上です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク