脳内麻薬4種類の効果と出す方法をまとめたらリア充にたどり着いた

健康・QOL向上

「脳内麻薬」ってどんなものかご存知ですか?

 

麻薬という名前がついているので、

一見悪そうな物質に感じるかもしれません。

 

しかし、脳内麻薬とは、脳内で誰しもが自然に分泌されている物質で、

人間が幸せに生きていくために欠かせないものなんです。

 

今回は、そんな脳内麻薬にどんな種類があるのか。

そして、脳内麻薬の効果と、どのようなタイミングで分泌されるのかをまとめました。

 

脳内麻薬の種類

 

調べてみると、

脳内麻薬は20種類ほどあることがわかりました。

その中でも代表的な物質は、

 

・セロトニン

・ドーパミン

・エンドルフィン

・オキシトシン

の4種類。

 

今回は、この4つの効果作用を調べていきます。

 

生を感じるホルモン:セロトニン

一つ目は「セロトニン」です。

 

基本的には生きていることを実感するような体験をした時に分泌されると言われいます。

 

セロトニンの効果は、

・覚醒作用

・ポジティブな気持ちにさせる

・痛みを和らげる

・精神安定

といった効果があります。

セロトニンを分泌させる方法

セロトニンの出し方は一言で言うと、

「生きていることを実感すること」

です。

 

つまり、

生きていることを実感できる行動をすればいいというわけです。

基本的には

「呼吸」、「運動」、「食事」、「スキンシップ」に分類されます。

これらを体験すればいい。

 

具体的な方法は、

・深呼吸

・筋トレ

・ガムを噛む

・異性と話したり、スキンシップをとる

・瞑想

・日光を浴びる

などです。

 

こうした行動をとっている時に、

脳は勝手に

「お、今俺生きてるやん。」

って感じ始めて、セロトニンを分泌するわけですね。

 

そうすると、充実感を味わうことができるわけです。

ちょろい。笑

 

 快楽や多幸感をもたらす:ドーパミン

続いて「ドーパミン」です。

 

ドーパミンは人から賞賛されたりすると分泌し、

生きる意欲を作り出すホルモンです。

 

また、非常に強い快感を与えます。

タバコやギャンブルなどをする時も分泌されるので、

依存症になってしまうケースはこのドーパミンの快感作用の影響であると言われています。

ドーパミンを分泌させる方法

ドーパミンは

「自分の存在意義を実感した時」

に分泌されます。

 

具体的な方法は、

・音楽を聞く

・目標を立てる

・タバコを吸う(少量で十分)

・コーヒーを飲む

・セックスする

などです。

 

自分の存在意義を実感するのが基本なので、

目標を立ててそれをクリアしていくのが一番オーソドックスな方法になりますね。

ストレス解消ホルモン:エンドルフィン

「エンドルフィン」はストレスを解消するホルモンと言われています。

 

主な効果は、

・鎮痛作用

・免疫力の増強

・安心感を与える

などです。

 

特に鎮痛作用は強く、モルヒネと同等の効果があると言われています。

エンドルフィンを分泌させる方法

エンドルフィンの出し方は、

「自分をストレスから解放させる」

ということです。

 

つまり、自分にストレスを与えてそこから解放させてあげればいいんです。

でも、ストレスなんて感じたくないですよね。

実は軽いストレスでもいいんです。

 

具体的な方法は、

・ジョギング

・セックスする

・辛いものを食べる

・ハードな運動をする(筋トレなど)

・熱いお湯(40度以上)に入る

・サウナ

 

熱いとか、辛いとか体にとって軽いストレスを与えるだけでも、

エンドルフィンを分泌してくれます。

 

これらの行動を行うことで、

簡単にハイになれるわけですね。

幸せホルモン:オキシトシン

「オキシトシン」は愛情を感じるホルモンと言われています。

 

・心肺機能を高める

・幸せな気分になる

・学習効率の向上(記憶力の向上など)

・他者への信頼性が増す

 

といった作用があります。

 

別名、「恋愛ホルモン」とも言われており、

他者とスキンシップ、特に異性とスキンシップを取ると多く分泌されます。

 

また、

上で挙げた、ドーパミンやセロトニンの効果を高める働きもあります。

オキシトシンを分泌させる方法

オキシトシンは

「スキンシップをとる」

ことで分泌されます。

 

具体的な方法は、

・ペットと戯れる

・恋人とイチャイチャする

・友達とトークする

・感動する映画を見る

などですね。

 

別名「抱擁ホルモン」なんて呼ばれているので、

彼女とイチャイチャするのが一番みたいです。

 

まとめ:脳内麻薬でまくりの生活スタイルってこんな感じ

ホルモンについて調べていて思ったのは、

セックス有能すぎだろ。っていうこと。

セックスしたらほぼ全部のホルモンが分泌されます。笑

 

 

さて、ホルモンの出し方を踏まえた上で、

どのように生活すればいいかをまとめました。

 

 

朝、起床と共に朝日を浴びる。

コーヒーを飲みながら、朝ごはんを食べる

食べ終わったらタバコを一本吸う。

 

日中は目標を持って仕事を行う。

仕事中はガム噛みながら作業する。

昼ごはんは同期とご飯を食べる。

 

家に帰ってからは

彼女とご飯を食べる。

ジョギングしてあっついお湯に入る。

音楽聞いたり、映画みたりしてダラダラする。

彼女とセックスして寝る。

 

こんな生活ですね。

 

・・・

 

 

・・・・・・・。

 

うん、確かにリア充だわこいつ。

こんな生活過ごしているやついたらぶん殴ってやりたいですよ。笑

 

 

でも、注目すべき点は、

この生活スタイルってお金がかからない

という点です。

お金よりも、人との繋がりとか嗜好品・趣味の重要性を感じますね。

 

お金はそんなになくても、人生って幸せなのではないかと思いました。

 

今回は以上です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク