【何が必要?】一人暮らしの家具選び|家具別後悔しない選び方のポイントまとめ

健康・QOL向上

一人暮らしが始まってまず買うものが家具です。

 

でも、初めての一人暮らしだと

家具選ぶのってめっちゃ迷いますよね。

 

だってさ、一度選んだら最低でも数年は共に過ごすものになるし、

「お、これイイやん!!」

と思っても、使っていくうちに絶対後悔するところが見えてくるやん!!!

最高のものを求めるのはキリがないと思ってる。

 

でも、

買って後悔はしないレベルのものは、最低でも買いたい。

「妻と家具は死ぬ気で選べって」おばあちゃんも言ってたし。。

一人暮らしを初めて3年がたち、

選び方や家具のポイントがわかってきたんで、まとめます。

 

一人暮らしで買うべき家具

まず、大前提としてどんな家具を買うべきかを書いていきます。

絶対に必要なのは以下の3つです。

・ベッド

・リビングテーブル

・テレビ台

 

この三つは最低限大学生かつを楽しむために必須です。

大学生にとって、自宅の役割は

寝ること」が大半を占めます。笑

そのため寝具はこだわったほうがいい。

 

テレビは映画をみたり、友達とゲームをしたりと

大学生かつを楽しむには絶対にあったほうがいいと思います。

 

テーブルも、勉強したりご飯を食べるために必要なので、

「何を買えばわからない。」

という人はまずこの三点を揃えましょう。

 

では、それぞれ選び方のポイントを紹介していきます。

 

ベッドの選び方

ベッドフレームを選ぶ基準を箇条書きで書いていきます。

 

・マットレスを置く部分がすのこになっている。

通気性がいいので、マットレスにカビが生えるといった最悪の事態に陥りにくい。

マットレスって、結構高いんですよ。安いやつでも1万円くらいします。

カビが生えて買い替えなんてなったら本当に最悪なので、通気性の良い

「すのこ」のベッドフレームがオススメです。

 

・足になっているもの(ベッドの下に空間がある)で高さが14cm以上

上で書いたように下に空間ができることで通気性が良くなり、カビが生えません。

また、ベッド下を収納スペースとして活用できるので、一人暮らしの狭い空間を有効活用できます。

 

そして、

寂しくなってルンバのようなお掃除ロボットを買いたくなった時に

14cm以上だとベッドの下も掃除してくれるので便利です。笑

 

・コンセント付き

寝るときにスマホの充電がしやすいです。

携帯でアラームかける人は枕元に欲しいですよね。

地味ですが必須の条件です。

 

これは買うな!!

絶対に買ってはいけないベッドフレームの条件はこちら。

 

・ヘッドボードが棚状になっているもの!

これは、マジで不便!!!

寝てると枕が棚のほうにドンドン下がっていってめちゃくちゃ寝づらいんですよ。

一見すると便利でオシャレな感じだけど、購入は避けるのをおすすめします。

 

リビングテーブルの選び方

・最低2人で使えるサイズ感

一人暮らしだから!と思って、

正方形の一人用のテーブルを買ったんですが、

小さくて、まあ使いにくい。

友達や彼女がきた時なんて狭すぎて机の奪い合いみたいになります。笑

 

最低限二人は使える広いテーブルがオススメです。

純粋に一時的な物置としてもつけるので。

 

・インテリアを邪魔しないデザイン

テーブルって面積とるので、

部屋に与える印象がぐっと変わります。

インテリアに溶け込むシンプルなアイテムを

選ぶと部屋がすっきりしますよ。

 

テレビ台の選び方

・テレビに対するサイズ感を考える

テレビのサイズぴったりに買うと

なんとなくバランスが悪くておしゃれじゃない。

 

イメージとしてあテレビを真ん中においた時に

両端が20cmくらい余るくらいがベストです。

 

・収納スペースがある

一人暮らしはとにかく収納スペースがありません。

しまえるスペースがあるやつを選びましょう。

ガラス張りになっているやつよりも

見えないやつのほうが、ぐちゃぐちゃに収納できるので、

ズボラな人にはオススメ。

 

・なるべく低いもの

家具はなるべく低くしたほうが部屋が広く見えます。

テレビ台を低くすると、部屋がすっきりします。

 

それにテレビをおいた時にあんまり高い位置にあると、

見づらいです。

低めを意識しましょう。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

どれもちょっとしたことなんですけど、

経験しないと気づきにくいですよね。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク